恵比寿の特徴

かつては庶民の街も今では高級商業地域

恵比寿駅周辺にはアトレ恵比寿や恵比寿ガーデンプレイス、恵比寿三越のような大きな商業施設が多く立ち並んでいます。

恵比寿という場所が注目をされるようになったのは、すぐ隣の渋谷エリアの開発が一巡して新たな都市づくりのニーズが高まったからです。

歴史的には恵比寿は渋谷川沿いの低地にあったことから町工場が集中する場所でした。

現在でも戦前戦後の時期にできた小さな工場が残り営業を続けていたりもします。

恵比寿を代表する工場として長年操業を続けてきたのが明治22年(1889年)に作られた日本麦酒醸造会社というサッポロビールの前身です。

これは後に「恵比寿ビール」として独自のブランドとして製造をされるようになり、現在も人気の国産ビールとして生産拠点を映しつつも販売されています。

当時の日本麦酒醸造会社の跡地にあるのが恵比寿ガーデンプレイスで、駅前にあった小さな工場のほとんどは既に撤去されており面影を感じることができる地域は奥まった住宅街からとなります。

住むなら渋谷よりも恵比寿

恵比寿は渋谷から近いのでよく「渋谷・恵比寿」といった一つのエリアとしてまとめられて紹介されたりします。

しかし居住地域として見る場合渋谷と比較して恵比寿はとても住みやすい点が多く、同じ繁華街なら恵比寿を選んだ方がより多くのメリットを得ることができます。

まず恵比寿は渋谷と異なり後から開発をされたエリアということもあって治安面が非常に安定しています。

渋谷はかつて花街として営業されていたこともあって裏路地に入ると風俗店なども多くちょっと夜歩きに不安な点もあるのですが、恵比寿はどちらかというと大人の街という印象が強く比較的安心して夜歩きができます。

実際都心部で働く会社員やOLが飲み会では恵比寿を使用するということも多く、賑やかな飲み会にも高級感のある招待にもどちらにも便利に使えます。

家賃相場としては都内各所で比較すると高めの設定となってはいますが、それでも渋谷や新宿と比較すると割安でとにかく都心部に近いところで生活をしたいという人にとってはお手頃の価格で住める場所と言えます。

単身者用の物件も多いので持ちマンションにもおすすめ

恵比寿では駅前を中心に土地再編が行われています。

そのため単身者向けのマンションなども多く、新築・中古で物件が売りに出されています。

賃貸物件同様に恵比寿のマンションは購入価格が高く簡単に手が届く価格帯ではありませんが人気のエリアということで購入後に値下がりをするリスクが少なく、資産価値を維持しつつ持ち家をしたいという人にとっての狙い目のマンション物件エリアとなっています。