神保町の特徴

神保町とはどのあたりか

神保町とは東京都千代田区にある地域です。
都営地下鉄の三田線と新宿線、東京メトロの半蔵門線が乗り入れており接続駅となっています。

駅の周辺には大学をはじめとする学校が多いことでも有名です。
明治大学、専修大学、日本大学、共立女子大学、正則学園高校、錦城学園高校、などが立ち並んでいます。

もう一つ有名なのが神保町は世界一の本の街ということです。
古本屋はもちろんのこと、珍しい専門書を購入することができるということで全国各地から様々な人たちが本を求めて足を運ぶ地域でもあります。

神保町に住む

神保町はとても深い街です。
そのため住むならば一人暮らし向きと言える地域ではあります。

まず食べることですが、これは学生街であるためにたくさんの選択肢があり、男性の一人暮らしでも食べるところに困ることはありません。
一人で落ち着いて本を読むようなカフェはもちろん、一人でランチや夕食をとるのにも困らないようなリーズナブルな飲食店がたくさん立ち並んでいます。
一人での食事はもちろんですが、友人が近くに来たり泊まりに来たりした際にも困らないくらいたくさんの選択肢の中から飲食店を選ぶことができます。

本が好きな人ならば多くの書店がある街並みを歩いているだけでも楽しくなるものです。
毎日通いつめても当分楽しめるくらい専門的な本やなかなか日頃見かけることのできないようなマニアックな本を見ることができます。

街としても警察がパトロールをしていたり学生街であるためによるも人通りが多いために治安が良く防犯意識も高いエリアとされています。
そのため東京に出て来ての最初の一人暮らしの地域としても選ぶ人が多い地域とされています。

しかし注意すべき点は家賃相場が安いことです。
複数路線が乗り入れており、少し歩けばJRの水道橋駅も利用することができてオフィス街ということで生活環境としては落ち着いているために、都内の一人暮らしの物件の中では少々高めですし近隣の駅に比べれば少し価格が高めです。
しかし、複数の電車との接続が良いこと、渋谷や新宿にも出やすいこと、さらには大手町や御茶ノ水といったエリアにも徒歩で行けるということでアクセスの便利さからも人気を集めています。

また、東京ドームや日本武道館が近いことも特長です。
特に好きなアーティストがいてよくこれらの場所に足を運ぶ人は、徒歩で行けるというのはとても魅力的です。
ライブ当日というのは数万人の人が会場に押しかけるために、ライブ前には数時間前には会場に着くように移動することが必要ですし、ライブが終わって帰宅する際には電車に乗るのも一苦労であるため、徒歩で行き来できるというのはとてつもない贅沢な環境なのです。