中野の特徴

大人気の中央線沿線エリアの中心地

中野は都内でも大人気の中央線沿線エリアの玄関口にあたる場所です。

中央線が新宿から出て最初に快速が止まる駅が中野となっており、そこから高円寺や阿佐ヶ谷、西荻窪、吉祥寺といったエリアが続いていきます。

中野は中央線エリアでも最も早くに開発が始まった場所であり、速い段階から商業地域も多く出店してきました。

代表的な施設としては中野ブロードウェイや中野マルイといったものがあり、現在ではやや人気が下火になった感がありますが中野サンプラザも都内を代表するコンサートホールとして使用されています。

もともと中野駅周辺には大学施設が多くあることから若者の街として発展をしてきました。

中でも駅周辺にあるショップではサブカルチャー系のものが多く、秋葉原に次ぐ都内の「オタクスポット」としてもよく知られているところです。

ここ近年では都市再開発も入ってきており、かつての商店街が新しい大型施設に変わるという大変革も行われている最中です。

新宿に近いという利点がありつつも吉祥寺や武蔵小杉といった他の街と比べてマイナーな存在とされてきた中野ですが、そんな都市開発の成果が実ってかここ最近では徐々に人口も増え住みたいと思う若者も増加傾向が見られています。

駅前のワンルームマンションが増加中

これから中野に住みたいという人にとって嬉しいのが、再開発の過程で駅前近くに居住用のワンルームマンションが多く建築されるようになったということです。

もともとが交通の便がよい場所にある中野では駅前に住むことでほぼ都心部で生活をしているのと同じくらいのアクセス環境の良さを手に入れることができます。

商業施設の進出やかつての商店街機能の維持により生活をしていくための利便性も維持されており、都内有数の住みやすい街として生まれ変わりつつあります。

逆に言うとここ近年では20代前半くらいの若い人が多く引っ越しをしてきているので、家族連れや高齢者世帯にとっては若干ニーズの異なる環境ができてしまう可能性があります。