成城学園前の特徴

成城学園前はメリットの多い駅

成城学園前というのは小田急線の駅の一つです。
地域としては世田谷区の成城六丁目のあたりのことを指します。

開業当初は小田急線の途中駅で唯一駅舎が地下にあるということでも有名でしたが、2013年に東北沢、下北沢、世田谷代田も地下化されているため現在は唯一ではなくなっています。
小田急線の中でも砧の地域を代表する駅であるために、車両基地が近くにあり、この駅から出入庫をする線が繋がっているために、成城学園が当駅始発、終点となる電車もあります。
そのために、人が少ない電車に乗ることができるというメリットがある駅でもあります。

駅の設備として、ユニバーサルデザインがたくさん導入されていることでも有名です。
駅の入り口から改札まで段差がなく、改札階と各ホームとの段差については全て上下のエスカレーターとエレベーターとで対応がされています。
また、駅のトイレでありながら、車椅子利用者や人工排泄器保有者が使用できるように多目的トイレが設置されていますし、ベビーベッドといった子供連れの人も利用できるような設備が整っています。
駅の表示も日本語だけでなく、ハングル語や中国語、英語の表記も対応しています。

駅の地名となっている通り成城学園が近くにあります。
それ以外にも学校がたくさんありますし、緑豊かな自然環境が整っていたり、郵便局や銀行といった施設も多くあることから子育てしやすい街としても人気です。

意外と便利なバス路線

成城学園は小田急バスの路線が発着する地域でもあります。
小田急線では直接繋がっていないような調布駅や二子玉川駅、渋谷駅、用賀駅、都立大学駅といったところにもバスで行くことができるためにここでも、子供連れでの買い物がしやすいと評判です。

高級住宅街としても人気の地域であるために街並みも閑静で整っていますし、治安も大変良い地域です。
買い物するスーパーも複数ありますし、中には高級スーパーで素材にこだわる人でも満足できる買い物ができる地域となっています。

女子の一人暮らしにも人気

成城学園の付近はこのように治安が良く整った環境であるために、女性の一人暮らしでも選ばれることが多いです。
新宿や渋谷にも出やすいですし、駅周辺も街頭の整備がされているので一人で出歩いて夜が遅くなってもあまり心配がありません。

ただし、地域がら女性の一人暮らし向けの物件が多い地域ではありません。
あまり新しくなく、なおかつ小さめの物件も多いですがその分家賃相場としては地域の特性に比べるとかなりリーズナブルです。
しかし物件数の少なさから部屋探しは難航することもあるのでどうしてもこの地域に住みたい場合には、早いうちから物件探しをしておくことが望ましいです。