東京の方言について

JV082_72A

東京方言=標準語ではありません

地方から出てきたばかりの人にとっては、都内出身者の前でつい方言を使ってしまわないかヒヤヒヤしてしまうものです。

比較的方言が少ないところとされているような北海道などでも細かい言い回しや感覚の違いがあることも多く、ふとした瞬間に「おや?」というような言葉の通じなさを経験します。

そこで考えてしまうのが「東京」という地域には方言は存在していないのか?ということです。

大阪における大阪弁のように、仮に東京に方言があったとしてもそれが一般的な言い回しということになれば方言そのものが標準語としての地位を得ていることにもなります。

しかし狭い東京といっても文化や風習が育ってきた風土は一つだけではなく、過去にはそれぞれの地域ごとに独自の生活圏が築かれてきました。

ですので東京都内の中でも方言がそのまま標準語として扱われているのは山の手の中心部の住宅地で使われてきた言葉であり、それ以外の地域では独特の言い回しや単語が使用されていたりします。

東京都内で最も一般的に使用されている言葉を「東京弁」と言うことがありますが、それに対し同じ都内でも微妙に違った言葉として「多摩弁」「八丈方言」「小笠原方言」「北部伊豆諸島方言」があります。

実は東京の方言だった多摩弁

挙げた東京の方言の中でも一番わかりやすいのが「多摩弁」です。

多摩弁は文字通り東京西部にある多摩地域で使用されてきた言葉であり、言語のエリアとしては他に埼玉県の入間地域や神奈川県北部の川崎市多摩区のあたりまでが含まれます。

別名「西関東方言」と言われることもあり、ほとんど東東京の言葉と同じではあるものの部分的に面白い言葉遣いをするというところに特徴があります。

ここ最近では同じ東京で使用される標準語にカジュアルさを出すために意図的に混ぜて使うという例も見られており、急激に東京弁と融合が進められています。

最も代表的な言い方としては「ぶっちゃけ」や「うぜえ」「~~じゃん」といったものがあります。

他にも体の一部を強くぶつけたときにできてしまう青あざのことを「青タン」と言ったりするのももともとは多摩弁発祥の表現です。

また「うざい」を「うぜえ」のように語尾を「○○ぇー」といった崩した言い方をするのも多摩弁独特の言い回しとされます。

言われてみるとこれらの言い方は正しい標準語ではないとは思っていつつもいつの間にか広く使われるようになったものです。

若者言葉として標準語が崩されてきたというわけではなく、多摩弁と東京弁が融合をしていったというのが実際です。

東京南部の離島も東京都です

23区など陸地の東京の方言とは別に存在しているのが同じ東京でも離島として存在している場所の方言です。

東京都は本州地域だけでなく南部海洋に浮かんでいる小笠原諸島なども含まれます。

これらの島々は隔絶された環境にあるため、陸地の東京とは異なる文化がこれまで育成されてきました。

そのため島に渡ってみると標準語とは異なる言葉が広く使われていることに気が付きます。

島々の中でも八丈島、小笠原諸島、北部伊豆諸島とそれぞれが異なっていることが確認されており、東京という場所の奥深さを感じさせてくれます。