「東京の人は冷たい」は嘘だった!?東京暮らしに関する噂について

本当に東京の人は冷たいのか?

地方で生活していた人がこれから東京に出て行くことを考えた時、よく心配されるのが「東京の人は冷たいから、気をつけてね」ということです。

地方といってもそれぞれ独自の文化や習慣があるとは思いますが、概ねの場合地域全体が一つのコミュニティとなっておりどこに誰が住んでいてどんな生活をしているかということがなんとなくわかるような状態になっています。

よく地方と東京とを比較する一つの喩え話として「地方の人はなんにも見てないようなふりをしてものすごく人のことを見ている。東京の人はすごく見ているようにしていて実はほとんど気にしてない」ということがあります。

田舎も奥地になるほど家族ごとの生活が周辺に筒抜けになるので、自分としては「このくらい誰も気にしないだろう」と思っているようなことも、なぜだかどこかで誰かが見ていていつの間にか周囲に噂として広がってしまっているなんていうこともあったりします。

逆に東京では常に誰かの目が自分についているかのような感触があり、仕事でも先端の技術などを使って細かくその人のことを監視しているかのように思えます。

ですが実際には人が多すぎるせいか一人ひとりの行動や考え方まで細かくチェックしてくれるということはほとんどなく、自分で自分の思ったことを主張しなければ誰も察して手助けなんてしてくれないという状態になります。

おそらく何も言わなくても勝手に周囲が察してくれるというコミュニティに慣れてきた人にとっては、言われないかぎりは手助けをしないような東京人の姿は冷たく感じるのかもしれません。

結局どこでも自分の心がけ次第かも

しかし東京はもともと東京を地元にしている人はそれほど多くなく、かなりの割合で地方人が混ざっています。

てっきり東京が地元だと思っていたアパートの管理人さんが実は若い時期に上京してきた地方人なんていうこともよくあります。

東京人は冷たいという意見がある一方で、「具合が悪くなってうずくまっていたら助けてくれた」「ちょっとしたことでもきちんとお礼をしてもらった」というような温かい東京人の姿も多く報告されています。

一つ言えることは人というのは自分にとって都合の良い情報や、自分が納得しやすい情報を多く記憶するという性質を持っているということです。

つまり自分で「東京人は冷たい」と思い込んでいれば本当に冷たい東京人の姿ばかりが目に入りますし、「東京人も優しい人が多い」と思えば優しい人により感謝をして接することができます。

あまり先入観を持たず自分は自分なのだということを忘れず生活していくようにしたいですね。